結婚を決めたあなたへ!婚約指輪と結婚指輪の基礎知識

用意する指輪は2種類!

婚約指輪(エンゲージリング)は、結婚を決めたカップルの間で男性から女性へ贈られる指輪です。テレビなどで男性が女性にプロポーズするときにひざまずいて指輪を差し出すシーンを見ますが、あれが婚約指輪です。しかし実際には男性がサプライズで用意するものではなく、結婚を決めた後に二人で買いに行き、女性の希望する指輪を選ぶカップルがほとんどでしょう。結婚指輪(マリッジリング)は、挙式の時に交換する指輪で男性・女性ともに身につけるペアリングです。

まずは婚約指輪を準備しよう!

婚約指輪は、結納や両家の顔合わせの時に披露したいので、結婚を決めたら早めに購入を検討しましょう。婚約の記念なのでダイヤモンドなど高価で特別感のある石が使われるのが一般的ですね。普段身につける指輪というよりは、パーティーなどの華やかな席で身につける指輪です。平均的な購入価格は約30万円です。ひとむかし前は婚約指輪は給料3カ月分などと言われていましたが、実際は贈る男性の給料1か月分プラスアルファが相場になってますよ。

二人の「絆」となる結婚指輪

結婚指輪は結婚式までに用意できればいいのですが、式前は何かと準備で忙しくなるので早めに準備しておきましょう。結婚式では永遠の誓いの証として交わされる大事な指輪です。式の後も普段から薬指にはめて日常的に使うものですから、装飾はなしにするかあっても控えめでシンプルなものが一般的です。男性・女性両方が身につける指輪ですから、二人が気にいったものがいいですね。価格は一つ10万~15万円、ペアで20万~30万円が相場でしょう。

エンゲージリングはラウンドブリリアントカットのダイヤ1個石のリングが主流です。最近では6本爪だけでなく、豊富なデザインが用意されているので、自分に合った枠を選びましょう。